2009年06月07日

転居転送サービス(クロネコヤマト、佐川急便)

「備忘録ちょいメモ」2009年5月8日に記載した 「引越した際に郵便局に転居葉書を出すと、1年間旧住所への郵便物を新住所に転送してくれるサービスは有名だが、大手宅配業者の「クロネコヤマト」、「佐川急便」、「日本通運」の3社も同様のサービスをしてくれる。」
http://blogs.dion.ne.jp/auu/archives/8354076.html

という記事ですが、郵便局の転居転送サービスと同じような感覚で使うと痛い目にあいかねますので、体験をご報告します。


まず「クロネコヤマト」転居転送サービスですが、「クロネコメール便」は対象外とのことで、標準サービスとしては
転送してくれないようです。私の転居前の部屋のポストに、転送されなかった分のメール便がたまっておりました。

どうしてもメール便も転送して欲しい場合は、別途クロネコヤマトさんのお荷物のご依頼お問い合わせ「0120−01−9625」に
電話してお願いする必要があるようです。(「宅急便転居転送サービス」に電話して教えて頂きました。丁重に教えてくださいました。)


「0120−01−9625」に電話した後、3「その他の問い合わせ」と押して、担当オペレーターに事情を説明して
お願いしてみてください。私の場合は快諾してくださいました。
電話は携帯からは×で「9時から17時位までしかつながらない模様です。」



次に「佐川急便」ですが、転居転送サービスは期待薄です。

居城地区の担当営業店を↓のページより、選択し以前電話で「転居転送サービス」をお願いして、先方から了承を得ていました。
http://www.sagawa-exp.co.jp/search/branch_search/

当然のように、郵便局の転居転送サービスのような感じで、宅配便やメール便を転送してくれると思っていたのですが、
この前、敷金の清算で前の住居に行ったら転送されずに配達されたメール便と、宅配便の不在通知がどっさり!


呆れて担当店に電話をしたところ、悪びれもせず「最近担当ドライバーが変わりましてうまくいってなかったんですかねえ、
担当ドライバーに言っておきます。」と返答されただけ。

転送する気がないようでしたので、佐川急便の現状の転送の仕組みを聞きました。
すると、「・・・のAAAさんが〜に引越した」ので「・・・宛ての荷物は〜に転送する」という情報が地区配送の担当ドライバーの頭の中にあり
荷物を持ち出した後に気づいた時のみ転送するという形をとっているとのことです。


しかも、担当ドライバーが代わる際に、その情報は引継ぎされないみたいです。(書面かコンピューターか何かで引継ぎされると思っていました。何の為に、担当営業所に顧客情報を登録しているんだ!)
聞いてあきれ返りました。

管理部門と、仕分け部門が転送する情報を見て、仕分けすれば良いだけなのに、担当ドライバーに丸投げしてたなんて・・・・・無能ぶりか、やる気のなさ加減にびっくりです。


業界2位とは思えない、情けないやり方にがっかり。

電話で、改善要望を伝えましたが、元々値段が安いだけでサービスの品質面の評判が悪い佐川急便だけにどこまで改善されるやら・・・
価格の安さで送り主は利用する時もあるでしょうが、届け先にとってはたまりません。ドライバーに丸投げせず、大きな会社なのですから管理部門を少しは改善して欲しいものです。


よって現状、佐川急便さんの転居転送サービスというものは、あまり当てにしないほうが良いと思われます、ご参考までに・・・

90社以上の引越し会社へ無料で一括見積もり!

posted by auu at 22:05| Comment(5) | TrackBack(1) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロネコヤマトに電話しましたが、メール便は対象外で転送してくれない、と断られました。宅急便のみが対象らしいです。
Posted by おさる at 2009年10月20日 18:57
'おさるさん'コメントありがとうございます。

メール便の転送は今のところ公式にはサービス対象外ですので(システム対象外)、断られてしまったのだと思います。

私は快諾されたましたが、実は口だけでする気がないというものだったのかもしれません。
旧住所宛てに自分でメール便を送れば確かめてみることはできますが・・・




Posted by auu at 2009年10月20日 22:22
クロネコクラブだかの登録時に、てっきりメール便も転送されるサービスだと思っていました。紛らわしい!!
ついでに、少々蛇足になりますが「郵便の転居届はWEBでも出来ます!!」とでっかく広告されていますが、いざその手続きページに行ったら、本人確認のためにクレジットカードが無いとダメだとか書いてあり、唖然としました。
しかも、確か「後日、確認の為に局員が訪問します」とも書いてあったのが意味不明。何でクレジットカードで確認しないといけないんだ!意味が無いし、二度手間だ!と苦情を入れましたが、システム的な利権の関係で改善はしないでしょうね。
引っ越しシーズン等に入ったら早めに転居届を窓口に出すのが、一番スピーディーかつ安全確実です。
Posted by もとま at 2009年12月14日 18:29
私もクロネコヤマトに電話しました。

メール便は対象外(速達はOK)だと断られたのですが、ネットで「転送してくれる」という記事を読んだけど、と食い下がったら、サービスドライバーに連絡しておくことはできる、という回答でした。

少なくとも「メール便」については、佐川急便と同じ“システム”で運用されているようですね。

メール便、使いづらい!
Posted by TK at 2010年02月25日 14:26
佐川急便のサイトで転送サービスについての記述が見当たらなかったので、検索していたらこちらにたどり着きました。

佐川急便についてはサービスが散々なのは重々承知なので特に期待もしていませんでしたが、残念なのはクロネコヤマトです。
私の場合宅配便で届くのは、ほぼ身内かネットで購入したもののみなので、
転送をお願いしたいのはメール便だったんですが。

転送サービスの申し込みはまだですが、
クロネコメンバーズの登録してきちゃいまたよ。いらないのに・・・。
早速登録を削除してきます。

情報ありがとうございました。

Posted by はむ at 2010年06月12日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

驚愕!佐川急便係長自殺、課長代理の「パワハラ」に労災申請の情報
Excerpt: 「われいらん」ゆわれ、佐川急便の係長が自殺し、課長代理の「パワハラ」に労災申請がされたようじゃ・・・...
Weblog: 霊長類の書く日記
Tracked: 2009-07-01 09:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。